TOP > 外国人技能実習生の受け入れ数は団体監理型が圧倒的

外国人技能実習生の受け入れ数は団体監理型が圧倒的

1993年にスタートした外国人技能実習制度は、2010年7月の出入国管理及び難民認定法の改正法の施行とともに現在の内容になり、今日までにたくさんの外国人が技能実習生として来日し、技能を学んでいます。


その外国人技能実習生の受け入れ方には大きく、企業単独型と団体監理型の2種類がありますが、実習生のうちの9割以上は団体監理型の仕組みを利用して入国し、実習を受けています。

カンボジアの研修生の新しい魅力を紹介します。

企業単独型と団体監理型でこれほどまでに受け入れ数に差が出ているのは、団体監理型の方がコストや効率の両面で優れていることが大きな理由です。



企業単独型では実習生の受け入れから技能習得のためのプログラムまで、すべてを企業自らが考えて実行しなければなりません。
当然、実施にかかる費用は企業による負担となるため、ある程度体力のある企業でなければ単独で実習生を受け入れるのは難しく、比較的体力の無い中小企業には不便です。

一方、団体監理型は、実習生の受け入れと入国中の監理は事業協同組合などの監理団体で行われるため、受け入れ先の企業は実習生に技能を習得させることだけに集中することができます。



団体監理型にも、実習生を受け入れる手続きで関与する団体の数が多いため、実際に受け入れが完了するまでに時間がかかりやすいといったデメリットがありますが、メリットがそれを補ってあまりあるほどのものであるため、積極的に監理団体を通じた実習生の受け入れが行われています。